最新記事一覧

生活習慣の改善から

男性

栄養をしっかりとる

老眼は早い方で40歳を過ぎたあたりから始まります。パソコンやスマートフォンの画面を見た後に目がかすんだり、しょぼしょぼとするようになったら要注意です。放っておくと症状は進行し、物を見るときに遠ざけるとよく見えるといった老眼特有の症状が現れるようになります。老眼を予防するにはまず自分の生活習慣の見直しをしてみましょう。特に食生活は大切です。目に良い食べ物というと真っ先にブルーベリーが思い浮かびますが、ブルーベリーやイチゴ、ビルベリーといったベリー類にはアントシアニンというポリフェノールが多く含まれています。ポリフェノールには視力回復と眼精疲労の効果があります。また眼精疲労にはビタミンA、B1、Cも効果的です。特にビタミンAは、目の粘膜を強化する働きがあるのでドライアイにも効きます。 また夜盲症の予防にもなります。ほうれん草や人参、かぼちゃなどの緑黄色野菜にはビタミンAが豊富に含まれています。また同時にルテインという抗酸化作用の強い栄養素も多く摂取できます。ルテインは目の水晶体にある物質で不足すると白内障のリスクが高まりますので予防のために積極的に取りたい栄養素です。鮭やイクラ、カニに多く含まれるアスタキサンチンも抗酸化作用の強いことで知られています。目のピント調整機能を改善する効果があります。毎日の生活の中で質の良い睡眠と適度な運動を心がけ、食事をバランス良くとるようにしましょう。アンチエイジングになりますし、それが老眼の予防にもつながります。

Copyright© 2018 老眼予防で目の健康を守ろう【定期的な休息が大切】 All Rights Reserved.