最新記事一覧

女の人

視力回復させたい

老眼予防には目の細胞をできるだけ保護してあげることが気を付けるべき点です。そのためには食事等を通して細胞を錆びつかせる余分な酸素を取り除くことが有効です。この他、紫外線やブルーライトカットの眼鏡をかけたり、マッサージも老眼予防にはおすすめです。

人気記事

女の人

視力回復させたい

老眼予防には目の細胞をできるだけ保護してあげることが気を付けるべき点です。そのためには食事等を通して細胞を錆びつかせる余分な酸素を取り除くことが有効です。この他、紫外線やブルーライトカットの眼鏡をかけたり、マッサージも老眼予防にはおすすめです。

考える人

悩み解決の方法

口コミは上手に活用すると、自分の知らなかった新しい老眼予防法や予防に効果的な商品を知ったりできます。また、自分が使用した商品の効果や試した老眼予防法の効果などを口コミを通して他人に教えていくことで知らない誰かの役にも立ちます。

目元に触れる女性

誰にでも起こる現象

加齢とともに視力が悪くなってきた、ピントが合いにくくなってきたと感じることもあるでしょう。それは老眼の症状です。老眼を予防するストレッチをしたり、紫外線から目を守ることで老眼の進行がゆっくりとなります。

定期的に休息しよう

目元

照明に注意しよう

パソコンやスマートフォンなど、近くのものを見る機会が増えて、過度に負担を掛けている人がたくさんいます。40代半ば頃から発症するといわれる老眼ですが、無理をして眼の筋肉を使用し続けることで早期に発症する場合もあります。眼を酷使することで眼圧が高くなり緑内障を併発する場合もあり、日頃から老眼予防が必要です。老眼を早期に発症させないようにするには定期的な休息が大切です。30分に一度は画面から顔を上げて、遠くへ視線を移すことで眼筋が和らぎ負担を軽減できます。眼を閉じて安静にするのも大切です。電車の中で揺れた状態で細かなものを見ていたり、夜に照明をつけずにスマートフォンを見ている行為は老眼を引き起こす原因の一つといえます。予防策として、細かなものを見たいときには寝転ぶことなく姿勢を正し、30センチから40センチほどのほどよい距離で閲覧するとよいでしょう。その際には周囲の照明にも配慮して、明るい環境下で見るようにしましょう。老眼予防を日頃から行うと、眼精疲労対策にも繋がります。適度な距離と照明への配慮、眼筋への負担を減らす休息が予防へ繋がります。それでもピントが合わなくなってきたり疲れがとれない場合には、眼科医に処方してもらった老眼鏡や遠近両用を使用することでスムーズに細かなものを見ることができます。70代までは徐々に老眼は進行していきますが、定期的に度数の見直しを行い、いつでもストレスの感じない見え方を手に入れましょう。

Copyright© 2018 老眼予防で目の健康を守ろう【定期的な休息が大切】 All Rights Reserved.